特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ オミクロン株、国内初確認 濃厚接触者70人 ナミビアから入国

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省は30日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染者が国内で初めて確認されたと発表した。感染が分かったのは、ナミビア国籍の30代の男性外交官。南アフリカやナミビアのほか、欧州各国でも感染者が相次いでおり、厚労省は現在のところ市中での感染は確認されていないとしているが、基本的な感染予防策の徹底を呼びかけている。

 厚労省によると、男性は28日夕に成田空港に到着し、空港検疫で新型コロナへの感染が確認された。国立感染症研究所(感染研)がゲノム(全遺伝情報)を解析し、30日にオミクロン株と判明した。男性は到着時は無症状で、検疫所が用意した施設に移動後に発熱の症状が出た。現在は入院している。米モデルナ製のワクチンを2回接種済みだった。同行の家族2人は検査の結果、陰性だった。

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文949文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集