連載

追跡

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

追跡

核協議再開 強気イラン、裏に中国 禁輸の原油、買い支え

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
イラン西部アラクの核施設=AP
イラン西部アラクの核施設=AP

 イラン核合意の正常化に向け、欧州諸国などを仲介役とする米国とイランの間接協議が11月29日、ウィーンで再開した。だがイランに核開発中止を求める米国に対し、イラン側は「まず米国による経済制裁解除が先」との主張を変えず、双方の溝は深いままだ。なぜ歩み寄りは難しいのか。【カイロ真野森作、ワシントン鈴木一生】

 「協議参加国は全て、交渉の焦点は制裁解除であるべきだと同意した。米欧は今後、イランに新たな制裁を科さないことを保証する必要もある」。イラン代表団を率いるバゲリ外務次官は29日、ロイター通信にそう語り、これまでの主張を繰り返した。

この記事は有料記事です。

残り1927文字(全文2194文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集