在外ネット投票の導入求める署名 目標の1万筆超え 国に提出へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
在外ネット投票の早期導入を求める署名サイト「Change.org」の専用ページ画面=サイトから
在外ネット投票の早期導入を求める署名サイト「Change.org」の専用ページ画面=サイトから

 国政選挙で行われる海外在住者の在外投票を巡り、イタリア在住の翻訳家、田上明日香さん(38)ら海外の女性3人が、在外インターネット投票の早期実現を求めて募っていた署名が目標の1万筆を超えた。目標に達したのは11月26日夜。12月1日には1万2000筆を超えており、今後、総務省や外務省、デジタル庁に提出する。

 解散から投票日までが戦後最短となった衆院選では、新型コロナウイルス感染症の流行による郵便事情の悪化などで、在外投票が投票締め切りに間に合わないケースが続出。3人は2025年の参院選の在外投票にネット投票を導入することなどを求め、11月4日からオンライン上で署名を呼びかけていた。

この記事は有料記事です。

残り119文字(全文413文字)

あわせて読みたい

ニュース特集