教諭に髪切られ、女子生徒不登校に 山梨市に賠償命令 地裁判決

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
甲府地方裁判所=金子昇太撮影
甲府地方裁判所=金子昇太撮影

 山梨県山梨市立中学で教諭に髪を切られ精神的苦痛を受けたなどとして、元女子生徒(19)が同市に約770万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が11月30日、甲府地裁であった。鈴木順子裁判長は「保護者に髪を切ることの確認を怠った。方法や対応も適切とはいえない」などとして市に11万円の支払いを命じた。

 判決によると2016年6月7日、中学2年だった元生徒は母親に髪を切ってもらったが、毛先がはねる…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文487文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集