中村吉右衛門さん死去 77歳 歌舞伎俳優 文化功労者・人間国宝

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
中村吉右衛門さん=東京都中央区で2012年12月、手塚耕一郎撮影
中村吉右衛門さん=東京都中央区で2012年12月、手塚耕一郎撮影

 時代物から世話物までを自在に演じる歌舞伎界屈指の立ち役俳優で文化功労者、人間国宝、日本芸術院会員の中村吉右衛門(なかむら・きちえもん、本名・波野辰次郎=なみの・たつじろう)さんが11月28日、心不全のため死去した。77歳。葬儀は近親者で営む。

 歌舞伎俳優、初代松本白鸚(八代幸四郎)の次男に生まれ、母方の祖父、初代吉右衛門の養子となり、1948年に中村萬之助(まんのすけ)を名乗り初舞台を踏んだ。

 その後は実父のもとで修業を積み、父や兄の現白鸚さんと共に所属会社を松竹から東宝に移し、66年に二代目として吉右衛門を襲名。東宝時代は主演女優の相手役をつとめるなど現代劇でも活躍したが、歌舞伎に打ち込みたいと松竹に戻り、研さんに励んだ。

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文921文字)

あわせて読みたい

ニュース特集