オンラインで楽しむ水族館・動物園 短時間ツアーで癒やしを

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
花園教会水族館を運営する牧師の篠澤俊一郎さん=京都市右京区で2021年10月5日午後3時1分、日高七海撮影
花園教会水族館を運営する牧師の篠澤俊一郎さん=京都市右京区で2021年10月5日午後3時1分、日高七海撮影

 新型コロナウイルス禍で仕事や生活のオンライン化が進む。外出の機会は減り、動物園や水族館などは癒やしを求める人たちも行きづらくなった。施設側も客足が減る上、餌代などのコストがかかり、経営状況は厳しい。そんな双方をつないで問題を解決しようと始まったサービスがある。「アニマルコネクト」プロジェクト。記者が体験した。【日高七海】

 「今日はカミツキガメの餌やりをします」。案内してくれたのは、アニマルオーナーと呼ばれるプロジェクトの協力団体、花園教会水族館(京都市右京区)を運営する牧師の篠澤俊一郎さん(41)。ペットショップや個人から引き取ったり、購入したりした外来種などの淡水魚やカメ、カエルなど180種類以上を飼育・展示する私設の水族館だ。

この記事は有料記事です。

残り861文字(全文1181文字)

あわせて読みたい

ニュース特集