連載

あの日、真珠湾で

日本が戦争を拡大させる大きな節目となった1941年12月8日の真珠湾攻撃から今年で80年。関連の連載などを紹介します。

連載一覧

あの日、真珠湾で

あの日、真珠湾で何があったのか 「日米開戦」四つのヒストリー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 80年前の1941年12月8日、日本はハワイの真珠湾を攻撃して米国と戦争を始め、同時に英国にも宣戦布告しました。これを境に戦火は一気に拡大し、45年8月の終戦までに多くの命が失われました。真珠湾での作戦に参加した兵士の遺族、あの日から日米の間でつらい立場に置かれた日系人の関係者たちを訪ね、全4回の連載「あの日、真珠湾で」で伝えます。

 初回は、特殊潜航艇で湾内の米国艦艇を攻撃しようとして「捕虜第1号」となった兵士に焦点を当てます。真珠湾攻撃が「勝利」として国内で宣伝される一方、この捕虜の存在は隠されてきました。この元兵士は戦後に帰国しましたが、当時については多くを語りませんでした。最近になって思いを語り始めた遺族に話を聞きます。

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文674文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集