特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

JR東海、入社2年目4番平野 予選の主役が悔やむ打席 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【名古屋市(JR東海)-横浜市(ENEОS】横浜市に敗れ、整列に向かう名古屋市の選手たち=東京ドームで2021年11月30日、津村豊和撮影
【名古屋市(JR東海)-横浜市(ENEОS】横浜市に敗れ、整列に向かう名古屋市の選手たち=東京ドームで2021年11月30日、津村豊和撮影

 第92回都市対抗野球大会は第3日の30日、東京ドームで1回戦が行われ、2年ぶり30回目出場の名古屋市・JR東海は、2年連続51回目出場の横浜市・ENEOSに0―2で敗れた。

 入社2年目で名古屋市の4番に抜てきされた平野英丸だったが、東京ドームのデビュー戦は4打数無安打に抑え込まれた。今秋の東海2次予選でチームトップの6打点を稼ぎ出し、自信を持って大会に乗り込んできたが、「相手投手に完全にやられた。自分の実力不足」と声を落とした。

 四回2死二塁で迎えた第2打席。横浜市・ENEOSの先発右腕・関根智輝に対し「早いカウントから仕掛ける」と1ボール1ストライクからの3球目に手を出したが右飛に倒れ、「フォークをいいところに決められた。(スイングで)もう一粘りできればヒットにできた」と悔しがった。

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文846文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集