特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

パナソニック・田中監督「先手とられたのが痛かった」 都市対抗

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【さいたま市(日本通運)-門真市(パナソニック)】2イニング連続失点を許した二回表を終え、険しい顔でベンチに戻る門真市の先発・与座=東京ドームで2021年12月1日、前田梨里子撮影
【さいたま市(日本通運)-門真市(パナソニック)】2イニング連続失点を許した二回表を終え、険しい顔でベンチに戻る門真市の先発・与座=東京ドームで2021年12月1日、前田梨里子撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は第4日の1日、東京ドームで1回戦が行われ、6年連続55回目出場の門真市・パナソニックは7年連続46回目出場のさいたま市・日本通運に1―3で敗れた。パナソニックの田中篤史監督のコメントは以下の通り。

 先手をとられたのが痛かった。あちらの勢いに押し切られてしまった。こちらも何度か好機を作ったが生かし切れなかった。

 正直、一、二回の失点は大きかったが、先発の与座は本調子でない中、粘って投げていた。榎本らリリーフ陣も試合を作ってくれたと思う。いかんせん打撃が力不足だったのが勝負を分けた。相手は好機を逃さず点を重ねていた。こちらは九回にようやく得点できたが、もう少し早くつながっていれば、流れも変わったし、投手ももっと楽に投げられたはず。今後も打線は課題になると思う。

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文499文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集