中村吉右衛門さん、父子2代の「鬼平」語る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
中村吉右衛門さん=2006年12月26日撮影
中村吉右衛門さん=2006年12月26日撮影

 父子2代、「なりきる」

 テレビでの当たり役となった長谷川平蔵を演じるドラマ「鬼平犯科帳」(フジテレビ系)の放送開始は1989年7月12日だった。実父、白鸚(はくおう)主演でもドラマ化(69年より)された池波正太郎作品である。

 「最初にお話が来た時は40歳。実父のイメージが強烈でしたし、私も歌舞伎ではまだ若手の部類で、とても人を引っ張っていくようには見えない。お断りしました」

 松竹を通じての再度の出演依頼に応じたのが45歳。「長谷川平蔵(鬼平)が、火付盗賊改方長官になったのも45歳。同年なのが不思議で、もういいかなと思いました」

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1256文字)

あわせて読みたい

ニュース特集