中村哲さんの半生たどる 命日に講演と上映会 足利出身の谷津監督 /栃木

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 アフガニスタンで用水路建設などの支援を続け、2019年12月に現地で凶弾に倒れた故・中村哲医師の命日に当たる4日、半生をたどったドキュメンタリー「荒野に希望の灯をともす~医師・中村哲 現地活動35年の軌跡」を監督・撮影した足利市出身のカメラマン、谷津賢二さん(60)の講演と作品上映が同市朝倉町の市民プラザ小ホールである。

 谷津さんは足利高、立教大社会学部卒業。1994年から日本電波ニュース社のカメラマンとして、ルワンダやカンボジア、アフガニスタンなど紛争地や開発途上国で取材している。特に84年からパキスタン、アフガニスタンで病や戦乱、干ばつに苦しむ人々に寄り添いながら支援活動を続けていた中村さんへの取材は98年から亡くなる8カ月前まで足かけ21年に及び、中村さんやその実践を主題にした数々の映画やTV作品に関わって…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文823文字)

あわせて読みたい

ニュース特集