特集

日本通運|都市対抗野球2021

社会人野球の頂点を決める第92回都市対抗野球大会に出場する日本通運の紹介です。

特集一覧

第92回都市対抗野球

日通初陣、接戦制す 序盤から積極攻撃 /埼玉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本通運-パナソニック】二回表日本通運無死、左越え本塁打を放ち日本通運の選手に祝福される森松(左から5人目)=東京ドームで2021年12月1日、前田梨里子撮影
【日本通運-パナソニック】二回表日本通運無死、左越え本塁打を放ち日本通運の選手に祝福される森松(左から5人目)=東京ドームで2021年12月1日、前田梨里子撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は大会第4日の1日、南関東第1代表で7年連続46回目出場の日本通運(さいたま市)がパナソニック(大阪府門真市)との初戦に臨み、接戦を逃げ切って3―1で勝利した。日本通運は大会第7日の4日、第3試合で、西関東第2代表で2年連続51回目出場のENEOS(横浜市)と2回戦に臨む。【平本絢子】

 試合は初回から動いた。1番・添田が「コントロールの良い投手なので、ストライクが来たらどんどん振ろうと思っていた」と中越え二塁打を放って出塁。2番・大谷が犠打で送ると、3番・稲垣の中犠飛で先制。二回には先頭の5番・森松が左翼への本塁打を放ち、2点目を挙げた。

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文1119文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集