NY株続落、461ドル安 オミクロン株の感染拡大懸念

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 1日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比461・68ドル安の3万4022・04ドルで取引を終えた。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大への懸念から、投資リスク回避の売りが膨らんだ。

 取引開始直後は買いが先行し、上げ幅は一時520ドルを超えた。だが、オミ…

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文356文字)

あわせて読みたい

ニュース特集