特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

NATO、ウクライナへ圧力のロシアに警告 侵攻すれば「高い代償」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシア国旗=ゲッティ
ロシア国旗=ゲッティ

 北大西洋条約機構(NATO)は11月30日~12月1日、ラトビアの首都リガで外相会合を開き、パートナー国のウクライナに軍事的圧力を強めるロシアに対し厳しい姿勢で臨む方針で一致した。ストルテンベルグ事務総長は終了後の記者会見で、ロシアがウクライナに侵攻した場合は「高い代償を支払うだろう」と述べ、加盟国による経済制裁の可能性を示唆した。

 ロシアは対立するウクライナとの国境周辺に9万人規模の部隊を配備しているとみられ、現場に集結した戦車の衛星写真などが報じられている。ストルテンベルグ氏は会見で「ロシアの攻撃的で不安定な行動が続いている」と指摘し、警戒を続ける必要があると訴えた。

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文542文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集