特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

緊張で結果が出ないって本当? NTT、野球選手と挑むメンタル研究

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
心拍数を測定する「hitoeⓇ」を組み込んだアンダーシャツを着用する選手=NTTコミュニケーション科学基礎研究所提供
心拍数を測定する「hitoeⓇ」を組み込んだアンダーシャツを着用する選手=NTTコミュニケーション科学基礎研究所提供

 「緊張でうまくいかなかった」。よくスポーツ選手が口にする反省の弁だが、それは本当だろうか。今まで言葉でしか説明できなかったプレー中の「メンタル面」の研究を、NTTグループが進めている。東京ドームで開催中の都市対抗野球大会に出場したNTT東日本、西日本の社会人野球チームも実験に参加。選手のメンタルを把握し、実際に練習に取り入れているという。「未知の世界」に研究者とアスリートがともに挑んでいる。

 研究しているのはNTTコミュニケーション科学基礎研究所(神奈川県厚木市)のスポーツ脳科学のグループ。膨大なデータを活用し、新たなトレーニング法などを開発してきた。今回の研究では、選手のプレー中の緊張の程度などを把握するために「心拍数」に着目。特殊な器具を使い、実際…

この記事は有料記事です。

残り1410文字(全文1741文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集