特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

日本製鉄東海REX・林監督「逆転、選手の底力見た」 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【千葉市(JFE東日本)-東海市(日本製鉄東海REX)】延長タイブレーク十回千葉市1死二、三塁、峯本の2点適時打となる打球が右前に抜け、ぼう然と打球を見つめる東海市の一塁手・金子=東京ドームで2021年12月2日、滝川大貴撮影
【千葉市(JFE東日本)-東海市(日本製鉄東海REX)】延長タイブレーク十回千葉市1死二、三塁、峯本の2点適時打となる打球が右前に抜け、ぼう然と打球を見つめる東海市の一塁手・金子=東京ドームで2021年12月2日、滝川大貴撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は第5日の2日、東京ドームで1回戦があり、14回目出場の東海市・日本製鉄東海REXは延長十回タイブレークの末、4―7で3年連続25回目出場の千葉市・JFE東日本に敗れた。日本製鉄東海REXの林尚克監督のコメントは以下の通り。

 八回の逆転は選手の底力を見たし、(好機の九回に)勝ち切れない課題もあった。若いチームでここまでよくやってこられた。

 浦本はエースとして期待して先発に送った。初回に2点取られたが、その後はいい投球だった。タイブレークは投手を交代せずに行こうと決めて臨んだ結果なので、受け止めている。(今後の課題は)最後の最後まで何が起こるか分からない中で、勝ちに結びつけられるチーム力と、投手の立ち上がり。序盤を何とか抑えながら、こちらのペースに持っていけるような試合をしたい。

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文509文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集