特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

JFE東日本、新人エース・山田啓太が7回無失点快投 都市対抗

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【千葉市(JFE東日本)-東海市(日本製鉄東海REX)】力投する千葉市の先発・山田啓=東京ドームで2021年12月2日、津村豊和撮影
【千葉市(JFE東日本)-東海市(日本製鉄東海REX)】力投する千葉市の先発・山田啓=東京ドームで2021年12月2日、津村豊和撮影

 第92回都市対抗野球大会は第5日の2日、東京ドームで1回戦があり、千葉市・JFE東日本が東海市・日本製鉄東海REXに7―4で勝利した。千葉市は新人エースが初の東京ドームで粘りの投球を見せた。

 「大事な試合は山田でいく」という落合成紀監督の期待に応え、千葉市の新人エース・山田啓太が真骨頂の投球を見せた。2点リードの五回に2死二塁のピンチを迎えたが、粘る打者を最後は変化球で遊ゴロに打ち取った。七回は四球も絡んで2死一、二塁としたが、次打者を空振り三振に仕留め、笑顔でベンチに戻った。

 7回無失点と先発の役目を堂々と果たし、「やるしかなかった。いい結果が出てよかった」と安堵(あんど)した。

 緊張感のある初戦だが、落合監督は迷いなく先発で起用した。白鷗大時代の山田啓の投球を見て、「どんな状況でも表情一つ変えず、自分のボールをキャッチャーミットめがけて投げ込む」姿にほれ込んだ。エースに育てようと採用を決め、7月の日本選手権など1年目から大舞台のマウンドを託してきた。

 神奈川・東海大相模高の2年時に夏の甲子園で優勝を経験したが、…

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文954文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集