特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

日本製鉄東海REX 武田久に背中押された右腕が力投 都市対抗

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【千葉市(JFE東日本)-東海市(日本製鉄東海REX)】力投する東海市の先発・浦本=東京ドームで2021年12月2日、滝川大貴撮影
【千葉市(JFE東日本)-東海市(日本製鉄東海REX)】力投する東海市の先発・浦本=東京ドームで2021年12月2日、滝川大貴撮影

 第92回都市対抗野球は2日、1回戦で4年ぶり14回目出場の東海市・日本製鉄東海REXが、3年連続25回目出場の千葉市・JFE東日本と対戦した。「エースになる」と誓った2年目右腕が、大舞台のマウンドで力投した。

 「東京ドームではエースとしてマウンドに立ちたい」――。東海2次予選で最後の1枠となる第6代表決定戦で力投し、本大会出場を決めた直後、力強く宣言した。あれから約2カ月、2年目右腕は大事な初戦で先発の大役を任された。

 課題の立ち上がりは「力を出そうと思ったら、制球を調整できなかった」。甘い球を痛打され、2点を奪われた。

 しかし、東京ドームの硬いマウンドに合わせて力の入れすぎに気をつけると、二回以降は見違えるような投球を見せた。内外角のきわどいコースを突き、決め球のフォークもさえた。六回まで一人の走者も許さず、7回2失点の粘投だった。

 熊本・必由館高から九産大に進み、1年から主力投手の一角を担ったが、…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文735文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集