特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

NTT東 選手が磨いた「ノーサイン」 流れつかむ 都市対抗

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【豊田市(トヨタ自動車)-東京都(NTT東日本)】三回裏東京都2死一、三塁、向山が右前適時打を放つ=東京ドームで2021年12月2日、滝川大貴撮影
【豊田市(トヨタ自動車)-東京都(NTT東日本)】三回裏東京都2死一、三塁、向山が右前適時打を放つ=東京ドームで2021年12月2日、滝川大貴撮影

 第92回都市対抗野球大会第5日は2日、東京ドームで1回戦が行われ、前回準優勝で6年連続45回目出場の東京都・NTT東日本が、7年連続23回目出場の豊田市・トヨタ自動車を降し、6年連続の初戦突破を果たした。東京都の攻撃にはある「共通理解」があった。

 東京都の打線は序盤、必ず何かを仕掛ける。しかも選手が自発的に、だ。飯塚智広監督は「流れは待つのでなく、自分からつかみにいくもの」と言う。指揮官のサインを待っているようではいけないのだ。

 その「仕掛け」は、豊田市戦で1点リードの三回に見せた。2死から丸山雅史が中前打で出塁すると、ルーキーの中村迅の打席で選手たちは動いた。1―1から一塁走者の丸山がスタート。中村が外角直球を逆方向に放つと、…

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文938文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集