新型コロナ ワクチン 3回目接種、スタート 来年1月までに 全市町で順次実施 /石川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
3回目の接種を受ける医師(左)=能美市の市立病院で2021年12月2日午後2時45分、阿部弘賢撮影
3回目の接種を受ける医師(左)=能美市の市立病院で2021年12月2日午後2時45分、阿部弘賢撮影

 新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」による再拡大が懸念される中、新型コロナワクチンの3回目接種が2日、県内でも始まった。この日は能美市立病院の医師1人が接種を受けた。今月中には金沢市や七尾市などでも接種が始まり、来年1月には全市町で実施される見通し。

 3回目接種は、2回目の接種から原則8カ月経過した人が対象。今年3月に2回目接種を終えた医療従事者らから接種を始め、その後、65歳以上の高齢者らに広げていく。

 この日、能美市立病院では医師の有藤賢明さん(29)が接種を受けた。有藤さんは「いつ感染が再拡大するか分からないので打ててよかった」と話した。同病院の医療従事者約200人の大半が接種予定で、来月中に完了する見込みだという。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文606文字)

あわせて読みたい

ニュース特集