連載

焦点

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

焦点

知らぬ間に個人情報流出 行政書士職権悪用、住民票入手

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
行政書士が目的を偽り、男性会社員の住民票や戸籍謄本などを取り寄せた姫路市役所=6月、後藤奈緒撮影
行政書士が目的を偽り、男性会社員の住民票や戸籍謄本などを取り寄せた姫路市役所=6月、後藤奈緒撮影

 本籍や生年月日、結婚歴、親族関係――。膨大な個人情報が、自分の知らないところで他人に入手されている。防ぐ制度はあるが、ほとんど利用されていない。警察幹部が「たまたま発覚した」と明かした事件では、不正取得された住民票や戸籍謄本などが計約3500通にのぼった。誰でも漏えいのリスクがある個人情報をどう守ればいいのか。実態を追った。【巽賢司、村田愛】

 「あんた、調べられてんで」。2020年4月、兵庫県警姫路署に相談に訪れた40代の男性会社員は、元妻から言われて被害に気付いた。元妻の自宅周辺を、探偵が聞き込みに回っているという。男性が心配して市役所で照会すると、自分の個人情報が何者かに取得されていたことが分かったというのだ。

この記事は有料記事です。

残り1782文字(全文2094文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集