新型コロナ オミクロン株 国際線予約停止を撤回 首相「帰国者に配慮」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 感染急拡大が懸念される新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」への水際対策として、日本に到着する国際線の航空機に対する新規予約の一律停止を求めていた国土交通省は2日、国内外の航空会社への要請を取りやめたことを明らかにした。一部で混乱が生じたとして、日本人の帰国需要を十分配慮するよう、改めて航空各社に通知した。新規予約の停止は通知を出した3日後、スタートから1日後に撤回を余儀なくされた形だ。

 新規予約の停止要請は国交省航空局長名で、航空各社に対し、11月29日付で通知した。入国者が増えるクリスマスや年末に向けた「取り急ぎの措置として」(国交省)、12月1~31日に日本に到着する国際線の全航空機への新たな予約を停止するよう求める内容。要請が実施されれば、1日までに予約が完了していない日本人は事実上帰国できなくなる。一方で既に済ませた予約の取り消しまでは求めておらず、日本からの出国につい…

この記事は有料記事です。

残り688文字(全文1086文字)

あわせて読みたい

ニュース特集