オミクロン株、ハワイで市中感染確認 NYのアニメ祭典参加者も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見するニューヨーク州のホークル知事=米ニューヨークで2021年12月2日、AP
記者会見するニューヨーク州のホークル知事=米ニューヨークで2021年12月2日、AP

 米中西部ミネソタ州の保健当局は2日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染が同州で確認されたと発表した。米国で2例目。感染者は最近の海外渡航歴はなく、初の市中感染。米東部ニューヨーク(NY)市で開かれた大規模なアニメ祭典に参加後、発症していた。NY州は同日夜、5人の感染が確認されたと発表しており、感染が広がっているとみられる。また、ハワイ州の保健当局は2日、1人の感染を確認し市中感染だと発表した。

 ミネソタ州の保健当局などによると、同州の感染者はヘネピン郡の成人男性。11月19~21日、計5万3000人が訪れた「アニメ NYC」に参加していた。どこで感染したかわからないが、22日に症状が出た。軽症で既に回復している。ワクチン接種を終えており、11月上旬に追加のブースター接種も受けていたという。

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文758文字)

あわせて読みたい

ニュース特集