宇宙飛行士に尿路結石のリスク 名市大などが新しい予防法

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国際宇宙ステーションの日本の実験棟「きぼう」から記者会見する星出彰彦(左)、野口聡一両宇宙飛行士=2021年4月26日午後8時4分、宇宙航空研究開発機構の配信動画から
国際宇宙ステーションの日本の実験棟「きぼう」から記者会見する星出彰彦(左)、野口聡一両宇宙飛行士=2021年4月26日午後8時4分、宇宙航空研究開発機構の配信動画から

 名古屋市立大と宇宙航空研究開発機構(JAXA)、米航空宇宙局(NASA)などの研究チームは、宇宙に長期滞在する際に問題となる尿路結石の予防に、骨粗しょう症治療薬が有効だとする研究成果をまとめ、米学会誌に掲載された。

 宇宙では、重力がかからないため骨からカルシウムが溶け出して尿に混じり、尿路結石になるリスクが高い。結石の激痛は宇宙飛行士のミッション失敗や人命に関わる事故につながりかねず、予防法の研究が続いている。

 名市大の岡田淳志准教授(腎・泌尿器科学)らは、2009~16年に国際宇宙ステーション(ISS)に約半年滞在した国内外の宇宙飛行士17人を対象に研究した。うち7人は骨を溶かす働きを抑制する「ビスホスホネート製剤」の服用と骨密度低下を防ぐ運動を併用し、残る10人は運動のみ行った。その結果、結石の原因となる尿内のカルシウムやシュウ酸、尿酸の数値が、薬を未服用の宇宙飛行士は1・1~1・5倍に増えたが、服…

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文538文字)

あわせて読みたい

ニュース特集