特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

TDK、自慢の二枚看板で勝利 オリ7位の小木田も登板 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【にかほ市(TDK)-福岡市(西部ガス)】力投するにかほ市の先発・小木田=東京ドームで2021年12月3日、滝川大貴撮影
【にかほ市(TDK)-福岡市(西部ガス)】力投するにかほ市の先発・小木田=東京ドームで2021年12月3日、滝川大貴撮影

 第92回都市対抗野球大会第6日は3日、東京ドームで1回戦が行われ、にかほ市・TDKは、福岡市・西部ガスを5―4で降し、8年ぶりに2回戦に進んだ。プロ入りする右腕が、社会人最後の大舞台に上がった。

 プロ入り前最後とあって、緊張があった。にかほ市の右腕・小木田敦也は初回から武器である150キロ台の直球で押していくも、なかなかストライクが入らず、二回には3ランなどで逆転を許した。だがそこで「吹っ切れることができた」。三回以降は追加点を許さず、粘りの投球を見せて後続に託した。

 「やってきたことはうそをつかないんだと感じた」。小木田はしみじみと語る。プロ野球ドラフト会議でオリックスから7位指名を受けた。社会人になって抱いたプロ入り…

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文1042文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集