特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

ホンダ熊本は「再生工場」 輝き取り戻した移籍選手が8強へ躍動

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【大津町(ホンダ熊本)-東京都(JR東日本)】九回裏東京都2死一塁、最後の打者を抑えた大津町の4番手・片山雄貴投手=東京ドームで2021年11月29日、津村豊和撮影
【大津町(ホンダ熊本)-東京都(JR東日本)】九回裏東京都2死一塁、最後の打者を抑えた大津町の4番手・片山雄貴投手=東京ドームで2021年11月29日、津村豊和撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)第7日の4日、初戦でJR東日本(東京都)を破ったホンダ熊本(熊本県大津町)が伯和ビクトリーズ(東広島市)と対戦する。2大会連続8強を目指すチームを支えるのが、出場機会を求めてホンダの別の事業所から移籍してきた4人。「ホンダ再生工場」で生まれ変わった選手らは今やチームに欠かせない存在になっている。

 11月29日の1回戦、JR東日本を3―2とリードして迎えた九回裏2死一塁。最後の打者を右飛に打ち取ったホンダ熊本の片山雄貴投手(28)は両腕を突き上げて天にほえた。この日は同点の七回裏、1死二、三塁のピンチでリリーフ。2者連続三振で後続を断ち、八回表にチームが決勝点をもぎ取る流れをつくった。

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文1077文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集