特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

NTT西日本・大原監督「よく粘る野球できていた」 都市対抗

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【大阪市(NTT西日本)-仙台市(JR東日本東北)】三回表大阪市無死、中村が右越え本塁打を放つ=東京ドームで2021年12月3日、滝川大貴撮影
【大阪市(NTT西日本)-仙台市(JR東日本東北)】三回表大阪市無死、中村が右越え本塁打を放つ=東京ドームで2021年12月3日、滝川大貴撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は第6日の3日、東京ドームで2回戦最初の1試合があり、7年連続32回目出場の大阪市・NTT西日本は、2年ぶり27回目出場の仙台市・JR東日本東北に6-7でサヨナラ負けした。試合後のNTT西日本・大原周作監督のコメントは以下の通り。

 選手たちは最後まで頑張ってくれた。継投ミスはすべて私の責任。吉元はうちのエースなので信頼して九回も送り出した。

 吉川は球威がある選手で三振も取れるので「開き直っていけ」と伝えた。最終的に1点でも上回って勝つ、というのがうちのテーマ。投手戦、打撃戦でもこちらとしてはしっかり守って、最少失点でいくのが本来の形だと思っている。前半は安打を打たれても、よく粘る野球ができていた。途中までは中村の本塁打などでこちらがペースを握っていた。中村は近畿2次予選以降、調子が良かったので期待していた。

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文524文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集