長崎、海の街で 「軍艦少年」10日全国公開 まっすぐな心、親子の絆 アクションシーンに迫力 坂本海星役・佐藤寛太

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
佐藤寛太=渡辺亮一撮影
佐藤寛太=渡辺亮一撮影

 <土曜カルチャー>

 軍艦島が見える長崎の街を舞台にした青春映画「軍艦少年」が10日、全国公開される。原作は柳内大樹による同名マンガ。最愛の家族を失って、心に傷を負った父子がすれ違い、ぶつかり、心を通わせるようになるまでを描く。喪失と再生、切実な題材を扱うが、迫力あるアクションシーンが売り物の一つになっている。主演を務める「劇団EXILE」の佐藤寛太(福岡市出身)は「エンターテインメントとリアルのバランスがうまくとれている」と出来栄えに自信を示す。

 物語の主軸を担うのは高校生の坂本海星(佐藤)と、軍艦島を望む海沿いで「端島ラーメン」店を営む父親の玄海(加藤雅也)。美術部に所属する海星は母親の小百合(大塚寧々)を病気で亡くしてケンカに明け暮れ、玄海は失意から酒におぼれる日々を送る。どん底状態に陥った2人だが、死を覚悟した小百合が玄海に宛てた手紙を読み、立ち直るきっかけをつかむ。そして、海星は小百合が残した宝物を探しに軍艦島へと向かう。島は玄海…

この記事は有料記事です。

残り1598文字(全文2024文字)

あわせて読みたい

ニュース特集