「デジタル田園都市構想」首相が事業者らと車座対話 福島・会津若松

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
地元関係者との意見交換会であいさつする岸田文雄首相(左)=福島県会津若松市のスマートシティAiCTで2021年12月4日午後1時50分(代表撮影)
地元関係者との意見交換会であいさつする岸田文雄首相(左)=福島県会津若松市のスマートシティAiCTで2021年12月4日午後1時50分(代表撮影)

 岸田文雄首相は4日、福島県会津若松市を視察し、デジタル技術を医療・農業分野などに活用している事業者や市民との車座対話に臨んだ。首相はデジタル化で地方創生を目指す「デジタル田園都市国家構想」を掲げており、年末の予算編成など今後の施策に生かす狙いだ。

 同市は情報通信技術(ICT)により都市機能の効率化…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文352文字)

あわせて読みたい

ニュース特集