面白い形と香り楽しんで 迎春飾りに「仏手柑」収穫進む 和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
収穫される仏手柑=和歌山県田辺市上秋津で2021年12月3日午前8時47分、竹内之浩撮影
収穫される仏手柑=和歌山県田辺市上秋津で2021年12月3日午前8時47分、竹内之浩撮影

 和歌山県田辺市で、手の形に似たかんきつ類「仏手柑(ぶっしゅかん)」の収穫が進んでいる。正月用の飾りや生け花などに使われ、年末まで京阪神や東京などの市場に出荷される。

 インド原産のミカン科の植物で、長楕円(だえん)形の実の先端が何本にも分かれ、仏の手のように見えることから名が付いたとされる。鮮やかな…

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文297文字)

あわせて読みたい

ニュース特集