「クギ刺しても安全」半固体電池の開発成功 山形大など商品化へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
半固体電池を内蔵したスマートフォンケースを手にする森下准教授(右)と長谷川社長=山形市の山形大学で2021年12月2日、西本龍太朗撮影
半固体電池を内蔵したスマートフォンケースを手にする森下准教授(右)と長谷川社長=山形市の山形大学で2021年12月2日、西本龍太朗撮影

 山形大は、森下正典・産学連携准教授と企業が、次世代電池「半固体電池」の共同開発に成功したと発表した。地場製品の米沢織と組み合わせた補助電源付きスマートフォンケースとして、世界で初めての商品化を目指す。2022年度の販売を見込む。【西本龍太朗、佐藤良一】

 リチウムイオン電池は、液体の電解液を用いるため発火事故や液漏れが相次ぎ、安全性の向上に各メーカーが取り組んでいる。全固体電池の開発が難航する中、森下准教授らはゲル…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文524文字)

あわせて読みたい

ニュース特集