特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

福島・大熊町で準備宿泊 父の命日、墓前に「家に泊まれっど」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
墓参りをする池田光秀さん(奥)と妻美喜子さん(手前)=福島県大熊町で2021年12月3日、和田大典撮影
墓参りをする池田光秀さん(奥)と妻美喜子さん(手前)=福島県大熊町で2021年12月3日、和田大典撮影

 福島県大熊町の特定復興再生拠点区域(復興拠点)で3日、来春に予定される避難指示解除に先立つ準備宿泊が始まった。2日現在15世帯31人が登録し、初日は午後5時までに6世帯11人が開始手続きを済ませた。東京電力福島第1原発事故に伴う帰還困難区域内での準備宿泊は葛尾村に続いて2例目で、原発立地自治体では初めて。【高橋隆輔】

 「何でも『最初の一歩は初日に』と決めている」。同町下野上で牧場を営む池田光秀さん(60)は午前中、昨年7月に再建した自宅に戻った。昨年の通行規制緩和の際も、バリケードが開いた直後、パトカーに引き続いて立ち入っている。

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文1083文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集