特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

国産ワクチン 生後6カ月以上に治験開始へ 22年中の実用化目指す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスのワクチン接種準備が整った注射器=手塚耕一郎撮影
新型コロナウイルスのワクチン接種準備が整った注射器=手塚耕一郎撮影

 新型コロナウイルスの国産ワクチンを開発中のKMバイオロジクスは4日、来春から生後6カ月~18歳の子どもを対象に治験を始める計画を明らかにした。来年中の実用化を目指す。塩野義製薬も同日、開発中のワクチンについて小児向けの治験実施を検討していると表明した。

 いずれも長野県軽井沢町で開催中の日本ワクチン学会学術集会で言及した。国内で主流の米ファイザー製と米モデルナ製は現在、12歳以上が接種対象。

 KMバイオは、季節性インフルエンザのワクチンなどと同様の「不活化ワクチン」と呼ばれるタイプの開発を進めている。同社の園田憲悟・製品開発部長は学会発表後、記者団に「既存の小児用ワクチンの多くは不活化ワクチンで、安心して使える」と意義を強調した。

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文701文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集