特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

先制打 伯和ビクトリーズ主将はパチンコ店のホール担当 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東広島市(伯和ビクトリーズ)-大津町(ホンダ熊本)】一回表東広島市2死一、三塁、藤沢が先制の右前適時打を放つ=東京ドームで2021年12月4日、前田梨里子撮影
【東広島市(伯和ビクトリーズ)-大津町(ホンダ熊本)】一回表東広島市2死一、三塁、藤沢が先制の右前適時打を放つ=東京ドームで2021年12月4日、前田梨里子撮影

 第92回都市対抗野球大会は第7日の4日、東京ドームで2回戦が行われ、東広島市・伯和ビクトリーズは、大津町・ホンダ熊本に6―7で惜敗。敗れはしたものの、新型コロナウイルスに翻弄(ほんろう)されたチームが大舞台へ駆け上がった陰には、頼れるキャプテンの献身があった。

 パチンコ店のホール担当かつ野球部の主将――。東広島市の藤沢直樹主将はチームを支えてきた。「つらいことは本当に多かった。でも自分たちが続けてきた努力がやっと報われた気がした」。困難を乗り越えてつかんだ東京ドームでのプレーに感慨はひとしおだ。

 一回2死一、三塁から甘く入った直球を右前へはじき返し先制適時打。一塁上で何度もガッツポーズを繰り返して喜んだ。「大舞台だけに、試合の入りが重要だと思っていた。イメージ通り反応できた」と話す。

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文995文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集