特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

ベスト8のホンダ熊本は「再生工場」 移籍組がエンジンに 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東広島市(伯和ビクトリーズ)-大津町(ホンダ熊本)】東広島市に勝利し、笑顔で整列に向かう大津町の選手たち=東京ドームで2021年12月4日、滝川大貴撮影
【東広島市(伯和ビクトリーズ)-大津町(ホンダ熊本)】東広島市に勝利し、笑顔で整列に向かう大津町の選手たち=東京ドームで2021年12月4日、滝川大貴撮影

 第92回都市対抗野球大会は第7日の4日、東京ドームで2回戦があり、大津町・ホンダ熊本は、東広島市・伯和ビクトリーズを7―6で降し、ベスト8進出を決めた。

 大津町に流れを引き寄せたのは「移籍組」だった。2番手で登板したのは2019年に狭山市・ホンダから移籍した福田大輔。1―2の二回1死一、二塁から後続を断てず4点差に広げてしまうが、その直後に味方打線が追いつく。そこから立ち直り、三回から六回1死まで無失点。横手気味の右腕から直球とシンカーを駆使した緩急がさえた。守りにリズムが出始めた四回、先頭の打席に入ったのは、20年に鈴鹿市・ホンダ鈴鹿から加入した石井元。中前打で出塁し、勝ち越しのホームを踏んだ。福田は「流れを作れてよかった」と笑顔で振り返った。

 ホンダは埼玉県狭山市、三重県鈴鹿市、熊本県大津町に3チームを持ち、19年から3チームを統…

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文1025文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集