特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

強打のホンダ熊本、磨き上げた「犠打野球」の神髄 都市対抗

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【東広島市(伯和ビクトリーズ)-大津町(ホンダ熊本)】二回裏大津町無死二塁、石井が投前に犠打を決める=東京ドームで2021年12月4日、滝川大貴撮影
【東広島市(伯和ビクトリーズ)-大津町(ホンダ熊本)】二回裏大津町無死二塁、石井が投前に犠打を決める=東京ドームで2021年12月4日、滝川大貴撮影

 第92回都市対抗野球大会は第7日の4日、東京ドームで2回戦があり、大津町・ホンダ熊本が、東広島市・伯和ビクトリーズを7―6で降し、2年連続ベスト8進出を決めた。

 点をどうやって取るか。九州2次予選のチーム打率は4割3分1厘。強打を誇る大津町の野球には、磨き上げてきた「神髄」がある。

 4点を追う二回無死二塁。点差を考えれば連打でたたみかけたい場面だが、渡辺正健監督に迷いはない。「1点を取りにいく」とサインはバント。6番・石井元も「当然。…

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文968文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集