特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

東邦ガス・山田監督「まだ上を狙えるチーム力はある」 都市対抗

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日立市(日立製作所)-名古屋市(東邦ガス)】延長タイブレーク十回裏名古屋市1死満塁、若林(中央)が四球を選び押し出しのサヨナラ=東京ドームで2021年12月4日、滝川大貴撮影
【日立市(日立製作所)-名古屋市(東邦ガス)】延長タイブレーク十回裏名古屋市1死満塁、若林(中央)が四球を選び押し出しのサヨナラ=東京ドームで2021年12月4日、滝川大貴撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は第7日の4日、東京ドームで2回戦があり、5年連続15回目出場の名古屋市・東邦ガスが、3年連続39回目出場の日立市・日立製作所に延長十回タイブレークの末、2-1でサヨナラ勝ちし、準々決勝に進んだ。名古屋市は現行の32代表制になって初の8強入り。16代表が出場した第16回大会(1942年)では、1勝を挙げてベスト8入りしている。試合後の東邦ガス・山田勝司監督のコメントは以下の通り。

 先発の辻本は気持ちを込めた投球をしてくれた。1大会2勝を目標にやってきたが、まだ上を狙えるチーム力はある。

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文574文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集