特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

東邦ガス・辻本宙夢 「制球力」武器に”エース”に 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日立市(日立製作所)-名古屋市(東邦ガス)】力投する名古屋市の先発・辻本=東京ドームで2021年12月4日、前田梨里子撮影
【日立市(日立製作所)-名古屋市(東邦ガス)】力投する名古屋市の先発・辻本=東京ドームで2021年12月4日、前田梨里子撮影

 第92回都市対抗野球大会第7日は4日、東京ドームで2回戦が行われ、名古屋市・東邦ガスは延長十回タイブレークの末、日立市・日立製作所に2―1でサヨナラ勝ちし、初の1大会2勝を挙げた。流れを引き寄せたのは抜群の好投を見せた先発投手だった。

 辻本宙夢(ひろむ)、25歳。死闘を制した25歳は、思わぬ本音をこぼした。

 「六回くらいからしんどくなっていた」

 それでも、この試合で生命線だった制球力が、山田勝司監督をして「なかなか代えられなかった」と言わしめる好投を生み、サヨナラ勝ちを呼び込んだ。

 六回途中1失点だった横浜市・三菱重工Eastとの1回戦から、中3日での先発。一回2死一、三塁で高めの直球を左前に運ばれ、いきなり先制を許した。この回だけで24球を投じ、…

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文840文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集