特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

伯和ビクトリーズ・内山監督「ホンダ熊本に学ぶ点多い」 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東広島市(伯和ビクトリーズ)-大津町(ホンダ熊本)】一回表東広島市2死一、三塁、藤沢が先制の右前適時打を放つ=東京ドームで2021年12月4日、滝川大貴撮影
【東広島市(伯和ビクトリーズ)-大津町(ホンダ熊本)】一回表東広島市2死一、三塁、藤沢が先制の右前適時打を放つ=東京ドームで2021年12月4日、滝川大貴撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は第7日の4日、東京ドームで2回戦があり、6年連続15回目出場の大津町・ホンダ熊本が、3年ぶり10回目出場の東広島市・伯和ビクトリーズを7-6で降し、2年連続で準々決勝に進んだ。試合後の東広島市・内山孝起監督のコメントは以下の通り

   ◇

 佃から平岡への継投は想定より早かったが、平岡は粘ってくれた。打線にもう一踏ん張りが足りなかった。

 先に先制していい形で試合に入ることができたが、それ以降に波に乗ることができなかった。(バッテリーミスも絡んだ四回の失点について)ああいうミスを突く点で、相手の方が上だった。ホンダ熊本とはよく練習試合を組むが、犠打で走者をきっちり送って着実に点を取る姿勢は学ぶ点が多い。「都市対抗1勝」の目標は果たしたので、この成績を上回るチーム作りをしていきたい。

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文509文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集