特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

東邦ガス、押し出しでサヨナラ勝ち 采配巡る「明と暗」 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日立市(日立製作所)-名古屋市(東邦ガス)】延長タイブレーク十回裏名古屋市1死満塁、若林にサヨナラの四球を与え、肩を落とす日立市の3番手・田川(中央)=東京ドームで2021年12月4日、前田梨里子撮影
【日立市(日立製作所)-名古屋市(東邦ガス)】延長タイブレーク十回裏名古屋市1死満塁、若林にサヨナラの四球を与え、肩を落とす日立市の3番手・田川(中央)=東京ドームで2021年12月4日、前田梨里子撮影

 第92回都市対抗野球大会第7日は4日、東京ドームで2回戦が行われ、名古屋市・東邦ガスが日立市・日立製作所に延長十回タイブレークの末、2―1でサヨナラ勝ちし、準々決勝に進んだ。明暗を分けたのは、中盤までの流れを作った先発投手の交代タイミングだった。

 延長十回タイブレーク。名古屋市1死満塁、先頭の4番・若林俊充がフルカウントとなった10球目の変化球を見極めた。サヨナラ勝ちをもたらした押し出し四球。実にあっけない幕切れにも見えたが、その伏線は名古屋市七回の攻撃にあった。

 先頭の虎谷…

この記事は有料記事です。

残り768文字(全文1009文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集