特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

日本通運・沢村監督「悔しい負け。私の責任」 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【横浜市(ENEOS)-さいたま市(日本通運)】四回裏さいたま市1死、稲垣が同点の右越え本塁打を放つ=東京ドームで2021年12月4日、滝川大貴撮影
【横浜市(ENEOS)-さいたま市(日本通運)】四回裏さいたま市1死、稲垣が同点の右越え本塁打を放つ=東京ドームで2021年12月4日、滝川大貴撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は第7日の4日、東京ドームで2回戦があり、2年連続51回目出場の横浜市・ENEOSが、7年連続46回目出場のさいたま市・日本通運を3-1で降し、ベスト4まで勝ち進んだ第85回大会(2014年)以来で7年ぶりの準々決勝進出を決めた。試合後の日本通運・沢村幸明監督のコメントは以下の通り。

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文567文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集