特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

日本通運・稲垣誠也 チームは違えど兄弟アベック弾 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【横浜市(ENEOS)-さいたま市(日本通運)】四回裏さいたま市1死、稲垣が同点の右越え本塁打を放つ=東京ドームで2021年12月4日、前田梨里子撮影
【横浜市(ENEOS)-さいたま市(日本通運)】四回裏さいたま市1死、稲垣が同点の右越え本塁打を放つ=東京ドームで2021年12月4日、前田梨里子撮影

 第92回都市対抗野球大会第7日は4日、東京ドームで2回戦が行われ、さいたま市・日本通運は横浜市・ENEOSに敗れ、8強進出はならなかった。だが、さいたま市の中軸は、今大会活躍しているライバルチームの兄に負けじと気を吐いた。

 速球に苦しめられ続けた横浜市の先発・吉村貢司郎に一矢を報いた。さいたま市の稲垣誠也が、1点を追う四回1死、右翼席にアーチをかけた。

 2ボールからの3球目。「直球が速いのは分かっていた。それをしっかりとらえよう」という意識で臨み、狙い球が来た。真ん中付近のボールを迷いなく振り抜くと、打球はフェンスぎりぎり最前列に飛び込んだ。

 稲垣には、どうしても勝ちたい理由があった。それは、…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文654文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集