特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

150キロ連発 ENEOSの補強右腕を覚醒させた一言 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【横浜市(ENEOS)-さいたま市(日本通運)】力投する横浜市の先発・吉村=東京ドームで2021年12月4日、佐々木順一撮影
【横浜市(ENEOS)-さいたま市(日本通運)】力投する横浜市の先発・吉村=東京ドームで2021年12月4日、佐々木順一撮影

 第92回都市対抗野球大会は第7日の4日、東京ドームで2回戦があり、横浜市・ENEOSは、さいたま市・日本通運を3―1で降し、ベスト8進出を決めた。補強選手の快速右腕が150キロを連発し、気迫の投球で勝利を引き寄せた。

 表情一つ変わらないが、一球一球に気持ちを込めた。横浜市の先発は、社会人2年目で東芝から補強された吉村貢司郎。初回の先頭打者から150キロの速球を連発すると、いきなり自己最速に並ぶ153キロをマークした。「一回一回の積み重ねだと思っていたので初回から飛ばした」。7回1失点で補強らしい仕事を果たした。

 国学院大出身で、150キロ超の速球が魅力の右腕だ。今秋のプロ野球のドラフト候補とも評されたが、調子の波があった。都市対抗西関東2次予選でも登板機会に恵まれなかった…

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文914文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集