連載

北陸ひと模様

北陸の各県でさまざまな活動に取り組む人を紹介します。

連載一覧

北陸ひと模様

「NPOみずラボ」理事長 水越利勝さん(52) 水辺の生き物から命伝える /石川

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
水越利勝さん
水越利勝さん

 水辺の生き物たちとの触れ合いを通じて子供たちに命の大切さを伝え、生き物への関心を育んでもらおうと、出張授業「いきもの道場」と移動水族館「みずみずランド」に取り組む。「生き物に興味を持つお手伝いをしたい」と意気込む。

 20代の頃はペット用品を扱う会社に勤めていたが、趣味で始めた熱帯魚の飼育に夢中になり、熱帯魚のリース業を始めた。病院の待合室のほか保育園の玄関や廊下に水槽を置いてもらい、少しずつ顧客も増えて事業を軌道に乗せていった。

 「ドクターフィッシュをレンタルできますか?」。5年ほど前、金沢市内の保育園から依頼が舞い込んだ。ドクターフィッシュは水槽に手や足を入れると古い角質をついばむ。依頼の意図を考えるうちに「子供たちが生き物と触れ合う場を求めているのでは」と思い至った。

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1204文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集