エキマルシェ大阪 シダックス 日本初「駅ナカワイナリー」 店内醸造、創作料理も /大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
多彩なワインをそろえるワイナリーカフェ「STASION WINERY by SHIDAX」=大阪市北区で2021年10月25日、安田美香撮影
多彩なワインをそろえるワイナリーカフェ「STASION WINERY by SHIDAX」=大阪市北区で2021年10月25日、安田美香撮影

 フードサービス事業などを展開するシダックスグループ(本社・東京都)は、改装開業した大阪駅構内の商業施設「エキマルシェ大阪」に、終日ワインが気軽に楽しめるワイナリーカフェをオープンした。店内でワインを醸造し、来春には完成したワインの提供を開始する予定で、同グループによると日本初の「駅ナカワイナリー」という。

 カフェは「STASION WINERY by SHIDAX」。同グループが運営し、ブドウの栽培から醸造、瓶詰めまでを手掛ける「中伊豆ワイナリー シャトーT・S」(静岡県)のワインを中心に、世界のワインや料理を提供。日本のワイン業界で活躍する女性による国際コンペ「SAKURAジャパンウーマンズワインアワード」で金賞に輝いた甘口ワイン「シャトーT・Sホワイト」など好みに合わせた多彩なワインを楽しめる…

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文538文字)

あわせて読みたい

ニュース特集