舞台芸術の世界、プロ講師が指導 県内小中高生80人に /和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 芸術教育プログラム「銀河の森 舞台芸術学園」が開講した。県内の小中高生80人が3カ月間、プロの講師から歌や踊りのレッスンを受け、舞台芸術の世界に触れる。

 学校法人「りら創造芸術学園」(紀美野町)が中心となってつくった実行委員会が運営。宝塚歌劇団や劇団四季に所属していた役者らが講師を務める。子どもたちは参加無料で歌唱とダンス、演劇…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文417文字)

あわせて読みたい

ニュース特集