連載

わたしのふるさと便

あまり知られていない観光スポットや地元で人気の食べ物を、現地で勤務する支局長が紹介。47都道府県を巡ります。

連載一覧

わたしのふるさと便

秘密のグルメ 三重県 「津ぎょうざ」 給食から「B級」王者へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 津市で1985年ごろ、市内の小学校給食に直径15センチの皮を使った巨大な揚げギョーザが登場し、子供たちの人気メニューになった。「津ぎょうざ」と名付けられ、現在は市内約30店舗で提供されるご当地グルメに成長。2019年の「B―1グランプリ」全国大会では最高賞を獲得し、人気は全国区になりつつある。

 一度に大量に調理する手間を省こうと、市教育委員会の栄養士の創意工夫から生まれた。08年の「津まつり」で市民団体が試験販売したところ大好評だったため、まちおこしの起爆剤にしようと市内の飲食店にメニュー化を呼びかけた。

 最初にメニューに取り入れた「ラーメン いたろう」(同市)はラーメンスープと背脂を加えジューシーに仕上げる。1個280円(税抜き)=写真・同店提供。森正章店長(54)は「店によって工夫を凝らしている。食べ歩いて違いを楽しんでほしい」。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集