連載

エンタメ小説・今月の推し!

次々と世に出るエンターテインメント小説。例えばミステリー一つとってもさまざまなタイプの快作、意欲作があふれている。一緒にその大海を航海しましょう。

連載一覧

エンタメ小説・今月の推し!

今の生き方リアルに/銀山町の重層的物語=内藤麻里子

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 一穂ミチさんの『パラソルでパラシュート』(講談社)の主人公は女29歳、未婚、契約社員の受付嬢。この仕事はもう長くは続けられないという“崖っぷち”にいる設定で、普通だと悩んで追い詰められるところだ。しかし本作は違う。ちょっと奇妙な1年の日々を描いた末に、「大丈夫じゃなくても大丈夫」と心強い明るさが漂う。読み心地は軽妙だが、明るさを生むために秘めたパワーは半端ではない。

 柳生(やない)美雨は29歳の誕生日に、お笑い芸人の矢沢亨と知り合う。亨ら芸人3人がシェアする家で同居することになる経緯や、30過ぎたら辞めろという会社の圧力などが細々と描かれる。美雨と亨の関係は恋愛要素が薄いし、終幕を除いては特筆すべき事件は起こらない。そもそも美雨が「ぼんやりするのが得意だからぼんやりしていた」と、肩の力が抜けている。大きな欲はなく、どこかいびつながらも彼らはまっとうに生きてい…

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文1020文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集