サッカー J1 徳島、降格

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 (最終節・4日)

 昇格1年目の徳島は広島に2―4で敗れ、17位で来季J2への降格が決まった。優勝した川崎は2位の横浜マと1―1で引き分け、ともにゴールを決めたレアンドロダミアンと前田大然が23ゴールで得点王に輝いた。

 降格の可能性があった清水はセ大阪に2―1で逆転勝ちし、湘南はガ大阪と0―0で引き分けた。3位神戸は大迫らの得点で鳥栖を2―0で降し、鹿島は仙台に1―0で勝って4位。

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文912文字)

あわせて読みたい

ニュース特集