三遊亭円丈さん死去 76歳 奇想天外な新作落語で革命

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
毎日落語会で、新作と古典「居残り佐平次」を演じた三遊亭円丈さん=名古屋市千種区の今池ガスホールで2013年10月13日午後4時33分、山口政宣撮影
毎日落語会で、新作と古典「居残り佐平次」を演じた三遊亭円丈さん=名古屋市千種区の今池ガスホールで2013年10月13日午後4時33分、山口政宣撮影

 独創的な新作落語で落語界に革命をもたらした三遊亭円丈(さんゆうてい・えんじょう、本名・大角弘=おおすみ・ひろし)さんが11月30日、心不全のため死去した。76歳。葬儀は近親者で営んだ。喪主は妻ユリ子(ゆりこ)さん。

 名古屋市出身。新作落語を作るためには、古典の基礎が必要と考え1964年、名人と言われた六代目三遊亭円生に入門。前座、二つ目時代は「ぬう生…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

あわせて読みたい

ニュース特集